月別アーカイブ: 2017年9月

虫歯菌がいなければ歯の治療なんて必要ないのに

昔は口移しでものを与えるのは普通でしたよね。
赤ちゃんの時には、親が咀嚼してからものを与えたこともあるみたいです。
でも、最近ではそんなことしません。
推奨もされていませんし、むしろダメなこととして認識されています。
しない理由は、感染症などを防ぐ目的ですが、一番の理由は、虫歯菌を移さないことです。
人間は、2歳くらいまで虫歯菌を移されなければ、虫歯にならないらしいです。
虫歯菌が繁殖するすきがなくなってしまうらしいですね。
以前テレビで、一度も虫歯になったことがない人の特集をしていました。
その人の口腔内を調べると、虫歯菌がいなかったそうです。
歯磨きなんてちょっとしかしていないのに、虫歯菌がいないので虫歯にはなりません。
その両親にも虫歯菌がいませんでした。
そういったことがわかってきたので、我が子を虫歯にならせないために、口移しをしない家庭が増えているのです。
虫歯にならなければ、歯の治療をしなくて済みますので、そのほうが良いですよね。
しかし、問題はおばあちゃん世代。
まだまだ理解がないので、親がそういった方針だと、堅苦しいだの、潔癖だのいわれてしまうみたいですね。